不倫の終わらせ方

別れようと思った時が別れ時

別れのタイミング

不倫相手との別れ時はどう見切りをつければいいのかと思います。不倫する場合も色々な気持ちの持ちようや考え方があります。

例えば不倫する時に期間を限定して付き合う場合や、最初から遊びだと割り切って不倫をする場合もあります。

最悪な場合は、遊び気分から本気に変わって別れ時が分からなくなる場合です。
このような場合の時は、少し時間をおいて冷静に考える事ができるまで待つ方が良いと思いますし、もしこの状況で別れ話を持ちかけても相手が受け入れてくれる事は考えられません。又、相手が関係について脅したりする可能性が出てくるため危険と言えます。

別れようかなと思った時が別れ時です。その時に冷静になって

  • お互いに好きな気持ちを持っているか
  • お互いに必要な存在であるか
  • お互いに信用しているか
  • 嘘がなくいつも本心で話せるか
  • 一緒にいる時間を楽しく思えているか

等を考えてみて下さい。相手とどうするかの判断材料の一つになると思います。

現在・未来について考える

不倫も恋愛ですからいつかは冷めたり、飽きたりして別れる時がきます。

不倫での恋愛も普通の恋愛でも何か障害があると逆に気持ちが高ぶり、燃えてきますが長続きはしません。何気ない相手の行動一つで喧嘩が始まったり、考え方の違いに気付き相手に対する気持ちが冷めてしまう事がやってくると思います。しかし、別れたくない気持ちから別れられない場合もあるのではないでしょうか。

不倫に限らず別れの場面は辛く、悲しく、寂しい気分になります。また、長い間関係が続いていれば情や未練があり、別れを切り出せなくなり不倫関係がズルズルと長引いてしまいます。お互いに責任を取れる事が出来ない限り、時間を無駄に過ごして行く事になりますので一時の恋愛感情を冷静に考え直す事が大切になります。既婚者側の方に責任をとる事ができない以上、何処かで別れと言うケジメをつけなければなりません。

早ければ早い程傷口は、浅くなります。真剣に別れたいと強く思う気持ちがあれば強い意志で別れを相手に伝えれば分かってくれると思いますが相手が分かってくれなかった場合、相手に時間をかけて理解してもらうようにした方が良いと思います。

不倫の末にどちらと別れるのか悩むと思いますが、世間一般では家庭や仕事を守るためや、色々な条件をクリアするために不倫相手と別れなければならない事があります。このように別れを決意しても相手が応じてくれない場合もあり、スムーズに別れられない場合もあります。そのような時、家庭裁判所へ調停を申し立てる事も出来るしストーカー規制法を利用して別れる事もできるようです。

このような最悪の場合もありますが、まずは現在、未来について出来るだけ二人の間の話し合いによって、責任を取るか別れるか決断する事が重要です。