必ず訪れる別れ

不倫だけじゃなく別れは恋愛につきものです

別れたくても別れられない

不倫を始めた時点で、不倫相手か配偶者を選び、どちらかと(若しくは両方と)別れる可能性が生まれます。お互いが配偶者の存在・不倫相手の存在をうれしく思い、不倫の関係を受け入れたという話はあまり聞いたことがありません。

最近「彼女と別れたいが、別れられない」そんな男性の話をよく耳にします。その理由として別れ話を持ち出すと、逆上し何をされるかわからない。彼女自身を傷つける(自傷行為)可能性もあるという罪悪感から別れられないというのです。付き合っているカップルでさえ修羅場を想像し別れるのが難しいのに、不倫の関係で妻の元に戻るため彼女と別れたいが別れられない。更なる修羅場となることでしょう。妻にばらす・勤め先で暴露する・慰謝料を請求する。やはり何かしらの修羅場や葛藤を経て別れがあるというのが一般的なようです。

付き合い始めたころには、まさかそんな日が来ることなど想像もしなかったことでしょう。不倫を始めた時点で、相手に配偶者がいる事を知らなかったとか、好きになった相手がたまたま既婚者だったと耳にすることがありますが、知った時点で別れを選択しない時点で、傷は深まる一方だと思います。

しかし別れたいけど別れられないと悩み苦しんでいる頃が、懐かしいと思える日が来る事を信じ思いを貫かなければ、更なる泥沼が待ち受けることになるようです。あくまで想像ですが、中には配偶者の不倫を知って、冷え切った結婚生活にピリオドを打てる、渡りに船、と喜んで離婚の手筈を整える方、または配偶者を不倫に走らせる配偶者というのもいるかもしれません。

彼女と別れる事と夫婦仲の立て直しを同時に成功することを夢見ても、結局はどちらも失うという結末の方をよく耳にします。たった一度の人生無駄な経験は1つもないはずです。自分の思いを貫きましょう。

引きずりやすいのは女性

不倫の関係にある男女の別れに関して、多くに当てはまると思うのですが女性の方が引きずるように感じていました。

私の周りでは、男性が既婚者・女性が独身で、「妻とは冷え切っている、早く分かれて一緒になりたい…」など結婚願望の強い女性に結婚をチラつかせながら、付き合いが長くなってしまってからの別れの場合など、そのダメージはかなりのものと感じていました。

私より不倫カップルの別れの相談を受けてしまう友人が、男はヤルまで・女はヤッてから相手に執着すると言ってました。そしてまた「男女ともに年配になればなるほど、本気になるほど、別れ話が出てから別れるまでに時間がかかる」そして笑いながら「枯れ木の方が一旦火がつくと激しく燃えるし、炭になってまで燻り続ける。」と。最近それは真実かもしれないと思うようになりました。

知人のW不倫カップルなのですが、男性50代後半・女性40代半ば付き合って5年、男性の方から別れ話が出ているようですが、女性の方は半狂乱。どうなるのか?生暖かく見守っていこうと思います。