既婚者ゆえに悩む別れ

好きになった相手が既婚者だからこそ揺らぐ決断

続けるか別れるか

続けてもつらい・別れてもつらいと言うのが不倫のようです。

不倫でなくても別れはつらいものですが、不倫と言えども大好きな人と別れるとなると非常に辛いと思います。

不倫は、相手が既婚者である人を好きになる事ですが、既婚者である事を分かって付き合うという人は自分の理想を現実として叶える事が出来ないため、少ないかもしれません。始めは分からなくても、付き合うと次第に相手の事が色々とわかってきて既婚者であると知り、ガッカリする事もあると思いますが、そこで終わらないのが不倫です。

不倫をしていると自分の気持ちに正直であるべきなのか、結婚を考えながら不倫を続けて行くのか迷うのではないでしょうか。

人を好きになる。ただ、それが既婚者だっただけの事。

相手の既婚者が穏便に配偶者と離婚するので、待ってくれと言われた不倫相手、一日千秋の思いで過ごしていると言います。その間も激しく揺れ動く自分の気持ち、会っているときの楽しい気持ちを、相手が家庭に帰ってしまう時の寂しさが超えたとき「こんなにつらい思いをするくらいなら、いっそ別れてしまった方が・・・」と考えるようです。このパターンは、男性が既婚者で女性が待ち続けるというケースが多いように感じます。その場合に、既婚男性の妻が不倫女性の存在に気づいており、夫と別れるつもりがないと言う場合、不倫女性の決断はかなりの揺れ幅があるようです。

最初はただ単に、好きだから一緒にいたいとシンプルな理由だったものが、本妻との我慢比べのような形で意地になってしまったり・・・。結局当事者間で納得のいくまでの話し合いが不可欠なのかと思います。どういう結果になろうと納得のいく大人の責任に、一時のつらさは付き物なのではないでしょうか?恋愛から結婚してお互いの事をよく知る事でマンネリ化や飽きてくる現象がありますが、次第に高ぶった好きと言う気持ちや感情を時間が薄れさせてくれるかもしれません。

最初から妻子のある身とお互いが理解し合って、付き合いだけの関係と割り切っていれば、別れの時にそれ程辛くないような気がします。