後悔しない別れ方の選択

自分自身と向き合うことが大切です

別れを考えるタイミング

不倫をやめるときの原因の多くは、配偶者に不倫がばれた時だと聞きます。不倫がばれたという以外で別れるとしたら、どんなことが引き金になるのでしょう?普通のカップルのように、相手への気持ちが冷めたとかいう具体的な原因ってあるのでしょうか?

男性不倫経験者の意見で、関係がわずらわしくなったとか彼女に飽きた。などの意見を聞いたことがあります。この意見が出せる人は間違いなく次があるな…と直感的に感じてしまいます。

体力的・経済的・時間的なことを理由にする場合、夫婦間と違い、無責任に別れが直結できるんだなぁと不倫と結婚の違いを思い知らされます。

男女間でも別れを考えるタイミングは違うようです。

どのみち不倫カップルには、何かかけているように思います。想像力なのか自制心なのか?始まりがあればいずれ終わりは来るのでしょう。そのタイミングがぴったりと合った場合のみ、スムーズに別れられるのではないでしょうか?なるべくなら修羅場は避けたいものですね。

再燃させない!不倫の別れ方とは

不倫と一口に言っても、いろいろなパターンがあるように、その別れもかなり多岐に分かれるようです。男性既婚者と女性独身、男性独身と女性既婚者、そして共に既婚者のW不倫。また、付き合った期間・年の差そして性格によっても別れ方は様々です。

何事もなかったようにサラリと別れても、何ヶ月後かに再燃したり、刃物が飛び交うような刃傷沙汰の修羅場を迎えたりと、独身同士のお付き合いの最後とはかなり違っているようです。

人間だれしも心変わりはあるでしょう。その時に求めた形とは違った結末かもしれません。別れるかどうかを相手と話しても、友達に相談しても、無駄とは言いませんが不毛なことだと思います。結局自分自身が、最終的な決断をしないと何一つ変わりません。

本当はどうしたいのか?どんなふうに生きたいのか?

いったん始まってしまった不倫の終わらせ方、別れ方は結果でしかありませんが、そこにたどり着くための課程はたった一人で後悔の無いように、自分自身と向き合って一番ふさわしい答えを導き出しましょう。