不倫の結末

不倫ゆえの結末とはどんなものなのでしょうか

成就と別れ

不倫の結末には、二通りがあると思います。不倫を成就させるか、別れるかです。

不倫が成就する事は少なく、不倫相手と別れる場合が圧倒的に多く、不倫自体を本気の恋愛と捉えていなく割り切って付き合っている場合も多いようです。このように割り切った付き合いが出来るのは、気持ちに余裕があるのではと思われています。

しかし不倫関係は、長続きしません。理由として家庭に支障が出てきたりして現状の家庭を維持しようとし家庭や家族の大切さを改めて知る事になるからです。また、家庭崩壊等の危機が迫ってきたりすると不倫をやめて、元の家庭に戻ろうとします。このような場合、不倫がバレて元の家庭に戻ろうとする人と不倫がバレる前に関係を終わらせる人がいます。最悪の場合、不倫関係が分かっていても家庭を維持し続ける人とそのまま離婚してしまう人もいます。一般的に多くの場合は元の家庭に戻りますが、不倫相手を選んだ場合、最悪な結末になると思います。

幸せな結末を迎える不倫とは、いったいどういうケースがあるのでしょうか?

人として生まれ、男女が出合い単純に恋におち、相手に(自分に)配偶者がいた場合、それは不幸な出会いだったのでしょうか?出会わなければよかったのでしょうか?出会いは必然です。結婚している人が、恋に落ちると言うのは結婚に充足感が無かったのでしょうか?満たされないものを満たすため、新しい出会いに何かを求めるのでしょうか?

そしてまた独身である人が、既婚者に惹かれるのはただ単に、好きになった人がたまたま自分と出会う前に結婚していただけでしょうか?私の周りの不倫経験者について考えるとき、かなり高い確率で不倫をする人は、繰り返すと言う事が言えることに驚きます。わざわざ既婚者を選んでいるのでは?と思うほど、既婚男性と御縁の多い独身女性やW不倫を繰り返す男性既婚者がいます。

不倫をしている人のほとんどが、幸せそうでないことにも驚きます。手に入りにくいものを欲することにその原因があるのでしょうか?不倫の恋の幸せな結末って、一体どういう結末なのでしょうか。