慰謝料の相場

不倫による慰謝料に相場はあるのでしょうか

慰謝料に相場はない

不倫(不貞行為)は抽象的な浮気していると言われる、デートをしていた、メールをしているなどの事ではなく肉体関係があるかどうかが問題となります。

法律上の不貞行為とは、相手方も既婚者と知っていたか知りうる状況が認められること、夫婦関係が破綻していないこと、消滅時効になっていないことなどで、相手方に対しての慰謝料請求が出来ることになります。慰謝料は精神的損害に対する賠償請求となるので、受けた損害の程度や内容などを総合して判断することになりますが、金額的な基準はなく、いくらでも良いことになります。個人の受けた損害を算定する基準もないのです。しかし、離婚しているかどうかで金額に違いがあるようです。

不倫(不貞行為)の慰謝料は、配偶者に対する慰謝料と不倫相手に対する慰謝料の請求があります。不倫相手に対する慰謝料は、不貞行為(肉体関係があること)で成立しますが、相手が示談に応じれば証拠提出の必要はありません。また関係を認めず裁判になれば、証拠の提出が必要になりますので個人で証明することは難しくなります。興信所などの専門家による証拠集めが必要となってきます。

離婚に至る場合の慰謝料の方が高額の様で、50万円程度から400万円程度まで相手方の財力や社会的な地位などで金額に開きがあるようです。逆に配偶者に対する慰謝料は、すでに夫婦関係が破綻している場合には、不倫に対する慰謝料請求が認められない場合もあるようです。慰謝料ではなく、財産分与の請求は認められます。まずは、家庭裁判所に調停の申し立てから始めます、調停による示談で解決できれば早期に結論が出ることが多いようです。

平均的には200万円前後が相場の様で、不倫の警告で相手方に慰謝料の請求を内容証明郵便を送るなどは効果的といえるでしょう。慰謝料請求までしなくても交際中止などの不倫や浮気を辞めてくれれば良い人は、意思表示だけでも効果がある場合もあります。ちなみに離婚していない場合は、100万円以下の慰謝料となることが多いようです。

過去の判例による不倫の慰謝料とは

判例とは、過去の裁判例の判断を法律解釈の基準の一つとして公表しているものですが、不倫による夫婦間の問題解決を裁判により決定し、慰謝料の決定が行われているものも多くあります。

不貞行為を前提としての夫婦関係が破壊されていることなどの状況により慰謝料の金額なども変わるようです。慰謝料は、精神的苦痛に対する損害賠償の性質から精神的な苦痛がどれほどであるかを測ることはできませんし、相場と言うものもありません。相手方の財力や社会的地位、不貞行為の回数、期間などの事情を総合的に判断し決められるので、個々の判例の慰謝料の金額は単純に当てはめることはできません。不貞行為(不倫)は配偶者以外の異性と肉体関係があることが前提となります。

不倫相手に対する慰謝料請求もあります。これには時効があり、浮気(肉体関係があること)を知った時から3年、または知らなくても20年で消滅時効となっているのです。慰謝料請求に金額の上限はありませんが、高額の請求は事態が決着しない状況になりやすい傾向にあります。早期解決には、20~100万円(離婚となる場合は100~400万円)が多いようで、裁判所の判決よりも示談の場合が金額が高いようです。

ここまで問題が大きくなる前に夫婦でやれることは無かったんでしょうか?